芸能ニュース版 ┃ しょーもない速報

芸能人・アイドル等のスクープや記事をご紹介します。

TOPページ > ジャニーズ


   

    タグ:ジャニーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    b4acd3a9.jpg


    1
    : :2016/05/07(土) 19:10:03.66 ID:
    ジャニーズグループのNEWSの手越祐也に極秘指令が下されているという。これがいわば最後の砦かもしれない。 

    いまのジャニーズ事務所一押しグループといえば間違いなくNEWSだ。

    今夏の「24時間テレビ」(日本テレビ)のメインパーソナリティーに決まり、バラエティーも「変ラボ」(日本テレビ)と、小山慶一郎と加藤シゲアキの2人の「NEWSな2人」(TBS)と2本のレギュラーもスタートした。 

    「昨年までは何かにつけて『Hey!Say!JUMP』押しでしたが、今年はNEWS一色です」とはテレビ局関係者。 

    ただ、気になるのは手越の存在だ。代名詞にもなっている“オンナ遊び”はいまだ健在だ。 

    「先月も週刊誌で合コン模様が記事になったように、手越の女遊びはジャニーズの幹部をもってしても止めようがないし、半ば黙認状態だった。 

    ただ、事務所の一押しグループとなり、24時間テレビのパーソナリティーをするのに、チャラチャラしては説得力に欠けますからね。 

    だから苦肉の策として、当面の間、名前のある女性タレントには手を出すなというお達しが出たそうです。 

    まあ、言い方は悪いですが、名前の知らないレベルのモデルなどであればいくら撮られても『またか』で終わります。 

    名の知れた人だと大騒ぎになって事務所間の問題にもなりかねませんからね。妥協の策なんでしょう」とは前出の関係者。 

    このような妥協も恋愛にうるさいジャニーズにしては珍しいが、「手越に関しては上層部も女遊びをしてこそ魅力が出るタイプと見ているようですからね。 

    それがなくなったら手越ではなくなるという見方もしているんです」と同関係者は言う。 

    一押しグループの流れに乗っていけるかどうか。手越の行動にかかっているようだ。 

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160507-19983964-naigai 
    2016/5/7 15:22 リアルライブ 

    手越祐也
    手越 祐也(てごし ゆうや、1987年11月11日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優でNEWS、テゴマスのメンバー。 神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。明治大学付属中野中学校、堀越高等学校卒業。早稲田大学人間科学部(通信教育課程)中退。 

    略歴
    2002年12月1日 - ジャニーズ事務所に入所。 2003年9月15日 - 男性アイドルグループ、NEWS結成。 2003年11月7日 - ワールドカップバレーボール2003のイメージソング「NEWSニッポン」でNEWSとしてCDデビュー。 2004年5月12日 - 「希望~Yell~」でNEWSとしてメジャーデビュー。 2005年12月 - 映画『疾走』に出演。 2006年1月 - 高橋克典主演の学園ドラマ『ガチバカ!』で連続ドラマ初出演。 2006年11月 - 増田貴久とヴォーカルユニット、テゴマス結成。 2006年11月15日 - 「Miso Soup」でテゴマスとしてスウェーデンでデビュー。 2006年12月20日 - 「ミソスープ」でテゴマスとして日本でデビュー。 2007年11月24日 - 『しゃばけシリーズ第一弾「しゃばけ」』でドラマ初主演。 2009年8月29日 - 30日 - 『24時間テレビ32』でNEWSとしてメインパーソナリティーを務める。 2010年3月27日 - 映画『誰かが私にキスをした』に出演。 

    ab6b758a


     
    手越祐也 - Wikipedia 
    https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia

    【【芸能】事務所も認めたNEWS・手越祐也の“オンナ遊び”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    default_523c4eec63f716bdc4e771c2dac64f2e


    1
    : :2016/04/29(金) 00:08:33.71 ID:
    『週刊女性』で毎年恒例のアンケート企画「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」の投票結果が4月26日発売の5月10・17日合併号で発表された。 

     本誌とは別に『週刊女性PRIME』ではネットで独自にアンケートを実施! すると、1週間もしないうちに約16000人からの回答が集まった! ということで、2016年版の「嫌いなジャニーズ」部門のランキングを発表していきましょう。 

    1位:木村拓哉(2451票) 

     今年1位になったのは木村拓哉、2451票を獲得。 

    「いつまでもかっこつけをやめず、歌は原曲から変な崩しをするし、演技も一本調子で面白みがない」(20代女性・派遣) 

    「顔が黒すぎる」(40代女性・パート) 

    「もうそろそろ、プライドを捨てて普通にしてほしい。キムタクを背負い過ぎて見ててつらい」(40代女性・会社員) 

    といった毎年定番の理由が多数見受けられた。しかし、いつもと違ったのは、年始にあったSMAP独立騒動を見た人たちからのこんな意見。 

    「スマスマでの謝罪会見。ネットなどでも色々言われてて、真相は分からないけど、どうして自分だけ、あんな表情と態度でドヤ顔して居られたのか? とにかく一気に大嫌いになった」(40代女性・会社員) 

    2位:いない(2161票) 

     さて、続く2位には「いない」という回答が。 
    「今のジャニーズはメンバーが多すぎてわからない……が正直な感想」(40代女性・パート) 

    という人もいれば、コアなファンからは「ジャニオタは自担(自分のすきなアイドル)だけでなくみんなを愛してるから」(10代女性・学生)といった声も。 
    そのほか多くの人からは「皆さん厳しい世界で一生懸命頑張っているから、計り知れない精神力が素晴らしい!」(50代女性・美容師)といった意見が寄せられていた。「いない」と書く人がこれだけ多いというジャニーズ軍団。その愛されっぷりが本当にすごい! 

    3位:手越祐也(1299票) 

     3位はこの部門に常連の手越祐也。度重なるスキャンダルで、こんな声が続出。 

    「あくまでマスコミによる報道でしか知り得ない情報ですが、遊び過ぎかなぁ? 遊ぶのはいいのですが、無防備過ぎる。もっと自分の立場を考えて見えないところで女の子と会うべき」(40代女性・主婦) 

    「たくさん週刊誌の報道もあるようで、記事を見るたびにファンのことを考えているのか疑ってしまうから」(10代女性・学生) 

    「チャラい。良い人なんだろうけど、行動に責任感が欠けるかな」(10代女性・高校生) 

    とアイドルとして、あるいはジャニーズタレントとしての“自覚”を求めるコメントが多いこと多いこと。 
    一方で「好き」の理由にも挙げられていた“王子様キャラ”については「自分が大好きで、ファンを“子猫ちゃん”とか呼ぶところ」(10代女性・学生)や「キャラ作り過ぎ。歌は上手いのに残念」(60代女性・主婦)と、こちら側では「嫌い」の理由に。好きと嫌いは表裏一体!? 

    4位:近藤真彦(995票) 

     続いて4位も毎年、ランキング表に名前が踊るマッチこと近藤真彦が。そんな彼には若い世代からの辛らつな意見が……。 

    「宣伝の時に必ず後輩達の番組をジャックするから」(20代女性・公務員) 

    「後輩たちが気を遣いすぎて全然楽しくないから」(10代女性・学生) 

    「事務所を引っ張ってきた大先輩なのはわかるが、威圧的というか、態度がでかいというか、そういうところが好きじゃない。 

     そして後輩と共演したときの、マッチ先輩よいしょ感(笑)。テレビでもそう、ライブでもそう。私たちはマッチ先輩を見たいわけじゃないんです」(20代女性・学生) 

     ジャニーズアイドルのコミュニケーションには、上下関係があまり求められていないのかもしれない。 

    5位:中居正広(808票) 

     5位にはSMAP独立騒動の影響もあってか、中居正広がランクイン! 集まったアンケート回答では、司会業について触れる声も多く、 

    「キャラだと思いますが司会進行時に人を小馬鹿にしたり…加減をせずにやり過ぎるのが非常に不愉快になります」(40代女性・無職) 

    「司会しているときインダビューしたゲストの話の揚げ足をとったりして、自分のやりたいように話を終わらせるところが嫌い」(40代女性・主婦) 

    といった意見が。ほかには、 
    「芸人じゃないんだから、トークを磨くより、ステージで最後まで歌って踊れる体を作る事がファンに対しての誠意だと思う」(50代女性・主婦) 
    マルチなタレント性が「嫌い」の理由になってしまうなんて! 続く5位以降には以下のメンバーがランクイン! それぞれ厳選のコメントを併せて掲載します。

    【【悲報】 '16年版「嫌いなジャニーズ」トップにはやっぱりあの人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    SMAP


    1
    : :2016/04/30(土) 08:32:35.33 ID:
    収束したかに見えたSMAP解散騒動に新展開だ。

    「今年1月の公開謝罪後、中居正広が都内飲食店でテレビ関係者らを相手に“その気になったら(独立を)やっちゃうよ”と息巻いていたというんです」(芸能記者) 

    そんな“中居の野望”をスクープしたのは写真週刊誌『FRIDAY』。そして、これは酔ったうえでの戯言でもないようだ。 

    「解散騒動で、ジャニーズ事務所とSMAPの間に深い溝ができたのは間違いない。 

    実際、フジテレビの『SMAP×SMAP』はプロデューサーが左遷され、この秋の打ち切りが既定路線です」(前同)  

    収録時の空気も最悪で、「事務所残留を主張した木村拓哉と他の4人は、ひと言も口をきかないとか。心配するスタッフに、木村が“申し訳ない”と詫びたそうです。 

    一方の中居は、周囲にキムタクのことを“疎ましい”と漏らしていたとか。“ウザい”よりも他人行儀な表現に、2人の不仲の深刻さがうかがえますよね」(テレビ局関係者) 

    さらに、5人そろって出演していたCMは、3月いっぱいで、すべて終了。 

    「これは事務所がSMAPを見限った証拠。今後は『嵐』と『関ジャニ∞』を押していく方針のようです」(民放局プロデューサー) 事務所に飼い殺されるくらいなら、自分だけでも独立したい。 

    そう中居が思うのは当然かもしれない。 

    その勝算はゼロではないという。芸能ライターの三杉武氏は次のように語る。

    「中居は番組を回すMCとしても優秀だし、主演ドラマ『ATARU』(TBS系)で見せた演技力にも定評があります。 
    だから、テレビ局スタッフには中居ファンも多い。残る問題は独立の際、どこの事務所に所属するかですね」 

    解散騒動の際は、吉本興業と田辺エージェンシーの名前が挙がっていたが、「吉本がベストでしょう。東京の芸能事務所はジャニーズに逆らえないですが、吉本は大阪が拠点。何より吉本所属ならバラエティタレントの扱いになります。アイドル王国ジャニーズも“戦場”が違うので、目の敵にしにくいんです」(大手広告代理店の営業担当) 

    だが、その一方で、「中居は交際相手との不祥事など、数々の醜聞を事務所の力で封じてきた過去があります」(前出の記者)  

    独立するとなれば、中居の過去のスキャンダルが、一気にマスコミに流れる可能性も否定できないのだ。 

    「独立があるとすれば、契約更新がある今年の9月。中居が今後どう動くのか、注目です」(夕刊紙記者) 芸能界から消えてしまうことだけは避けてほしい。 

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160430-42702506-taishu 
    2016/4/30 08:00 日刊大衆 

    【【芸能】中居正広、秋に単独で独立? SMAP解散騒動が深刻化】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ケアプロスト 効果