芸能ニュース版 ┃ しょーもない速報

芸能人・アイドル等のスクープや記事をご紹介します。

TOPページ > アンタッチャブル柴田


   

    タグ:アンタッチャブル柴田

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    102d1323a96c2435aa80df028df3af62


    1
    :2016/06/11(土) 23:25:46.45 ID:
    元FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤と元嫁の不倫に対して、アンタッチャブル・柴田英嗣が発したコメントが“神対応”だと話題になった。
    しかし柴田のことをよく知るお笑い芸人やタレントらは、そこまで彼を持ち上げる気にはなれないらしい。

    柴田英嗣の元妻とダブル不倫の末、妊娠させたことを認めて謝罪したファンキー加藤。
    柴田は元妻との離婚の原因となった男性のことでマイクを向けられても決して感情的にならず、非難する言葉は一切出てこなかった。
    「加藤ちゃんも思い悩んだところもあると思う」「怒ってもめて困るのは子供や家族」と落ち着いた口調で話すと、
    最後に「これを機にひとつ大きくなってほしい」と友人でもあった加藤に対してエールを送っていた。このやり取りが報道されると、ネット上には「柴田の神対応に感動した!」
    「カッコ良すぎる」「大人な対応が素晴らしい」と彼を称賛する声が多く見受けられた。

    しかし6月10日放送の情報バラエティ『バイキング』の出演者らは、柴田の発言を“神対応”とする声に首を傾げる。
    番組では、太田光(爆笑問題)がこの件に関して「ファンキー加藤を許したからって、(柴田は)そんなに褒められたもんじゃない」
    「自分が先に悪さをして、それで(元妻の)気持ちは冷めていた」とラジオ番組で示した見解を紹介。
    この元妻が不倫に走った責任の一端は「柴田にある」との指摘には、金曜MCの雨上がり決死隊やレギュラーの土田晃之からも異論は出なかった

    柴田の女性関係が派手だったことは昔から有名で、本人も公の場で認めていたからだ。

    太田の意見に同意だとするMCの坂上忍は、柴田の発言の中に「自分を落とす」部分が無かったことを惜しむ。
    元妻に対する過去の行いを正直に盛り込んでこそ、「本当の神対応と言えるのではないか」との考えを示していた

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160611/Techinsight_20160611_271076.html
    TechinsightJapan 2016年6月11日 21時10分 (2016年6月11日 23時11分 更新)
    【【芸能】アンタ柴田の“神対応”評価に疑問 芸人仲間ら納得せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1:2016/06/07(火) 05:29:18.76 ID:
     「公表されていませんが、柴田さんは昨年の5月に離婚しています。彼は'10年に女性トラブルから1年間休業していますが、今回はそういうことではありませんよ。別れた原因は奥さんの浮気。彼女は2児のママだったのですが、恋に落ちた。その相手というのが、ファンキー加藤さんだったんです」(柴田の知人)

     アンタッチャブルで山崎弘也の相方を務める柴田英嗣が、1年前にひっそりと離婚していた。愛する妻の心を奪ったファンキー加藤は、ファンキーモンキーベイビーズ(ファンモン)のリーダーとして活躍したミュージシャンだ。

    (中略)

     ファンモン時代と変わらず、未来への希望をポジティブに歌い続ける加藤だが、今回の件は歌とは勝手が違った。

    相手が人妻だっただけでなく、加藤にも妻がいる。

     「加藤さんは、ファンキーモンキーベイビーズでマネージャーをされていた女性と、'13年に結婚しています。奥さんとの間にはお子さんが1人。年はいま1歳半くらいですね」(音楽関係者)

     つまり、加藤と柴田の妻Aさん(当時)は、W不倫だったのだ―。接点がないはずのふたりは、いったいどこで出会ったのだろうか……。

     「Aさんが加藤さんと出会ったのは、1年半ほど前。加藤さんの後輩が開いた飲み会がきっかけだとか。そういう関係になってからAさんは、加藤さんのライブツアーについて行って、地方のライブでは一緒に泊まっていたりもしたそうです」(Aさんの知人)

     このW不倫愛がきっかけとなり、柴田とAさんは、'15年5月に離婚が成立。その4か月後の9月にAさんの妊娠が発覚した。

     「妊娠がわかると、Aさんは加藤さんに相談したみたいなんです。彼女自身は“産みたい”という意思を示しました。加藤さんは、いまの奥さんと離婚することはできないけど、認知もする、養育費も支払う、ということになったんです」(前出・Aさんの知人)

    (中略)

     その後も何度か話し合いが行われ、加藤が子どもを認知すること、DNA鑑定を行うこと、そして養育費の額も決定した。

     「正確な金額は聞いていませんが、養育費は数千万円くらいになったんだとか……」(前出・Aさんの知人)

    (中略)

     柴田の助けもあって、Aさんは無事に出産の日を迎えようとしている。

     「Aさんの予定日は6月と聞いてますので、もうそろそろ生まれるころだと思いますよ」(前出・Aさんの知人)

     彼女が住む自宅を訪ねると、ちょうど外出するところだった。歩みはゆっくりで、お腹もかなり大きくなっている。

    臨月を迎えていることが、その様子から見て取れる。柴田に預けることもあるという2人の子どもたちの食材を買いに行ったのだろうか。スーパーへ入っていった。

     妻ではない女性の出産を前に、加藤は今、何を思うのか。6月初旬の朝、犬の散歩に出かけたところを直撃した。

    ――加藤さんにとって2人目にあたるお子さんが、今月出産予定ですよね?

    「……あの……いま、話し合いが進んでますので……」

    長いので全文は以下で

    週刊女性
    http://www.jprime.jp/entertainment/artist/27994
    【【芸能】元ファンモン・ファンキー加藤、アンタッチャブル柴田の妻とW不倫!2人の間には今月出産予定の子供が…】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ケアプロスト 効果