芸能ニュース版 ┃ しょーもない速報

芸能人・アイドル等のスクープや記事をご紹介します。

TOPページ > アイドル刺傷事件


   

    タグ:アイドル刺傷事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    img_0_m


    1
    :2016/05/30(月) 06:51:34.25 ID:
     東京都小金井市で、アイドルとして活動している大学生、冨田真由さん(20)がファンの男に刺された事件が波紋を広げている。

    事件翌日に出演を自粛したグループもあり、関西の業界関係者の間でも神経をとがらせる。アイドルたちの応援に駆けつけるファンの中には、セクハラやストーカーまがいの行為に走るケースが後を絶たない。

    芸能事務所に所属せず、フリーで活動している女性アーティストも少なくなく、「常にこうしたリスクと隣り合わせだということを認識すべきだ」と指摘する声も上がっている。

    ■「対岸の火事とは思えない」広がる動揺

     事件が起きた翌日の5月22日、大阪市内の某会場で、アイドルグループと女性シンガー・ソングライターたちが出演するイベントが行われた。

    しかし、前日の事件を受けて、アイドルグループの出演は自粛することになり、シンガー・ソングライター2人がステージを務めていた。

     グループの運営関係者は「メンバーの安全を考えた末に自粛することにした。メンバーに動揺は走っていないようだが、とても対岸の火事とは思えない」と話す。

     ステージに立っていた女性シンガー・ソングライターは「事件の被害に遭った女性は、アイドルというよりはシンガーに近いタイプ。本当は、私たちの方が危ないかもしれないのに…」と複雑な表情を浮かべていた。

     被害に遭った冨田さんは、かつて大手系の事務所に所属し、期間限定のアイドルユニットで活動し、特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」のほか、多くの舞台にも出演していた。

    現在は事務所を辞めて、大学に通いながらシンガー・ソングライターとしての活動を始めていたという。

    ■「何を目的に?」ファンの行動に神経とがらせ

     アイドルだけでなく、こうした芸能活動をしている女性たちが常に頭を悩ませているのは、ファンとのトラブル。芸能事務所の関係者も「ファンが増えることはありがたいが、逆に厄介な問題を抱えることも事実。常にファンの質を落とさないように目を光らせている」と話す。

     平成26年には国民的アイドルグループ「AKB48」の握手会会場でメンバーの女性ら3人がのこぎりを持った男に襲われる事件が発生。

    こうした“会いにいけるアイドル”の存在は、ファンとの距離が身近に感じられる一方で、「演者との距離感を勘違いするファンも少なくない」(前出関係者)と警戒感を募らせる。

     昨年夏には、関西で活動しているグループのメンバーが失跡し、事務所関係者が捜索したところ、ファンの自宅に転がり込んでいたことが判明。

    そのまま脱退した騒ぎもあった。また、別のグループでは、ファンがメンバーの母親と結婚したことが判明し、事務所関係者が「いったい何を目的で応援していたのか」と首をかしげていたことも報告されている。

    >>スキ見つけては交際迫る「つながり厨」に事務所ピリピリ
    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/160530/wst1605300009-n1.html
    【【アイドル刺傷】メンバー母親とデキちゃった-にあ然 「距離感勘違い」のファン、大阪では事件翌日に出演自粛も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    no title


    1
    :2016/05/23(月) 09:19:47.60 ID:
    東京都小金井市で、私立大3年でアイドルの冨田真由さん(20)=武蔵野市=が刺され重体となった事件で、傷害容疑で逮捕された住所、職業不詳の自称岩埼友宏容疑者(27)が「プレゼントを贈ったが、送り返された。

    現場で問いただしても曖昧な答えをされたので、カッとなって何回も刺した」と供述していることが22日、警視庁小金井署への取材で分かった。

    同署によると、岩埼容疑者は「殺すつもりだった」「刃物は事前に用意した」と供述、
    あらかじめ計画して冨田さんを襲った可能性もある。

    また警視庁によると、冨田さんは5月9日に武蔵野署を訪れた際、岩埼容疑者の名前や住所を伝えて「ブログやツイッターへの執拗な書き込みをやめさせてほしい」と相談。

    同署は「書き込んだのが本人か調査が必要」として同容疑者に接触していなかった。

    冨田さんのツイッターには1月以降、岩埼容疑者とみられる書き込みが多発。

    2月1日に「あなたとは誠実な関係を望んでいます。『私との関係も長く大切にして欲しい』という意味」と書き込まれ、中旬からは感情が高ぶる様子もうかがえるようになってきた。

    22日には「あなたに見下されたこと一生忘れないから」、25日は「ぼくのこと、どうして嫌わないの?」。

    3月に入ると、15日に「フラれたから殺すとか過激だよね~」、31日に「スゲー怒っている」など過激な言葉も書き込んでいた。

    4月末には「郵便局から荷物が届きました。腕時計と本3冊が入っていました」などと、贈り物が返送されたとみられる書き込みもしていた。

    http://www.sankei.com/affairs/news/160523/afr1605230003-n1.html
    【【アイドル刺傷事件】 27歳容疑者笑顔で送検 「生きていくことが最大の仕返しになると思うからなんとか生きて欲しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    9d7d7a2d



    1
    : :2016/05/22(日) 11:02:22.54 ID:
    【社会】逮捕の男「贈り物送り返された」 アイドル刺傷事件、動機など捜査 
    東京新聞:2016年5月22日 10時15分 
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016052201001189.html 

     東京都小金井市で、大学生でアイドル活動をしていた冨田真由さん(20)=武蔵野市=が刺されて重体となっている事件で、傷害容疑で逮捕された住所、職業不詳の自称岩埼友宏容疑者(27)が「プレゼントを贈ったが、送り返された。問いただしても曖昧な答えをされたのでカッとなって刺した」と供述していることが22日、警視庁小金井署への取材で分かった。

     同署は、容疑を殺人未遂に切り替え、動機や事件の詳しい経緯について捜査を進める。 

     同署によると、岩崎容疑者は「JR武蔵小金井駅で冨田さんを待ち伏せした。現場で問いただしたが、曖昧な答えをされたので刺した」と供述している。 
    (共同) 
     









    犯人の岩埼友宏(いわざきともひろ)容疑者

    99f759f74ac09150bc4533b419266a27


    ブログ
    http://ameblo.jp/illion-0107/
    Twitter

    http://twitter.com/gj2mda2jtw2

    a417080e.png

    6bdac63d.jpg

    【【アイドル刺傷事件】逮捕の男「贈り物を送り返されカッとなった」 容疑を殺人未遂に切り替え、動機など捜査 小金井署】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ケアプロスト 効果