芸能ニュース版 ┃ しょーもない速報

芸能人・アイドル等のスクープや記事をご紹介します。

TOPページ > 訃報


   

    カテゴリ: 訃報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    SnapCrab_NoName_2016-5-19_20-14-16_No-00

    人気アニメ「ちびまる子ちゃん」で主人公の姉の声を担当した声優の水谷優子さんが17日、乳がんのため亡くなりました。51歳でした。

    これは水谷優子さんが所属する事務所が19日、ホームページで発表したものです。

    水谷さんは愛知県出身で、劇団の養成所で演技を学んだあと、NHKのアニメ「ふしぎの海のナディア」でマリーの声を演じたほか、アニメ「ブラック・ジャック」のピノコ役の声を担当するなど数多くのアニメや映画で声優として活躍してきました。

    中でも人気アニメ「ちびまる子ちゃん」では平成2年の初回の放送から主人公「まる子」の姉、「さくらさきこ」役を担当し、かわいらしさのなかにも落ち着きのある声でしっかり者の姉を演じて人気を集めました。

    事務所によりますと、水谷さんは、今月に入ってから入院していたということですが、17日、乳がんのため東京都内の病院で亡くなりました。51歳でした。

    水谷さんが亡くなったことについて、「ちびまる子ちゃん」の原作者、さくらももこさんとアニメのキャストやスタッフが、公式ウェブサイトに共同のコメントを掲載しました。

    コメントでは「長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます」としています。
    【声優・水谷優子さん、乳がん51歳の若さで死去 『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃんや『ナディア』マリー役など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    2423_1275287965_l


    1
    :2016/05/12(木) 17:26:47.86 ID:
    世界的な演出家蜷川幸雄さんが12日午後、都内の病院で亡くなった。80歳だった。

     1960年代に俳優から演出家に転向し、国内外に180本以上の舞台を演出した。多くの舞台人が蜷川演出の洗礼を望み、数々の海外公演も成功させるなど、世界的にも高い評価を得ていた。

     最近は車いすで酸素吸入器を携帯しながら、稽古場に通って演出を行っていたが、昨年12月に体調を崩して入院していた。5月25日に初日の舞台「尺には尺を」の演出予定で、4月の稽古からの復帰を明言していたが、願いはかなわなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000112-nksports-ent
    【【訃報】演出家蜷川幸雄さん死去 80歳】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ケアプロスト 効果